FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
さて、荷物を担ぎ、右手に「地球の歩き方」の地図のページを開けて、歩きだす。
今日の宿さがしの第一希望は「ダディーズホームホテル」。
今、立っている「スーレーパゴダ」から、マハバンドゥーラ通りを正確に西の方角に小さい交差点9つ目左折。
地図上の細かい通りを指で数える。
上手く行けば、9つ目の角に、「ミミレー」という名前のアイスクリーム屋があるはずだ。
まあ、とにかく歩きだす。
通りにはいろんな店があり、買い物客でごった返している。
金物屋、八百屋、肉屋、食堂..........
細い通りを2つ、3つ、4つ..........
間違わないように数えながら、しかも、うまそうな食堂があれば、後で来れるように記憶にインプットしながら。
そして、9つ目。
「ミミレー」発見。
名前はどこにも書いてないが、確かにアイスクリーム屋だ。
店の前にある階段を2段ほど上がれば、テーブルが並べてあり、奥にアイスクリームのケースとレジが見えている。
ここを曲がれば、今日のお宿があるはずだ。
しかし、ここから先は暗闇で足元が全く見えない。
一歩一歩、目を凝らしながら先を急いだ。
もう、時間は八時半を過ぎていた。
とにかく、今夜の宿を確保しよう。
スポンサーサイト