FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
ヒンドゥー教では、牛も猿も神様だという。
だからというわけではないだろうが、人間と同じように堂々と通りを歩いているし、別に人を見て怖がるそぶりもない。
猿もまた同じだった。
しかし、露天に並べられた野菜や果物に口を近づけたとたん、店主は竹の棒で追い払っていた。
神様だからといって、さすがに売り物までは許してもらえなかったようだ。












ボダナート近くの市場にて
スポンサーサイト