FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
このドンムアン空港は、私の最もお気に入りの空港だ。(現在は国内線専用)
Departureのフロアーには何でもある!
タイマッサージ、床屋、美容院、トランジットホテル、イスラム教徒の為のpray room、日本の寿司屋、ゲームセンター......
しかし、どれもやたら値段が高いので、私の場合は、いつもお気に入りのカフェテリアで、コーヒーを一杯注文し、「星新一」の短編集を読むのがお決まりになっている。
今日は、トランジットが1時間半だから、あっという間だが、これが5時間6時間となると、話しは別だ。
以前、6時間ほどあった時、あまりの暇さに空港内をぶらついていて、もう全て見尽くしたとき、イミグレーションの手前でおばさんが小さなテーブルを出し、何か案内所のようなことをしているのを見つけたことがあった。
よく見ると、「トランジットツアー」
英語と、恐らくはそうであろう全く理解不能なタイ語で書かれていた。
ちょっと興味が湧いてきたので、パンフレットをもらって詳しく読むと、「バンコク市内観光3hour,30US」となっていて、その当時、参加した事があった。
イミグレーションの通過は優先、専用のワゴン車で寺院を回ってくれ、ガイドも最初から最後までついている。
他にも、アユタヤや、カンチャナブリー方面のものや、1泊2日のものまであった。
こんなことをしていると、あっという間に時間は過ぎてゆく。
さて、16番ゲートに向かうとしよう!
スポンサーサイト