FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
無数に並ぶ土産物屋、レストラン、旅行代理店、ゲストハウス..............

ここにいて、揃わないものは無い。

別に、特別な用事がなくても、この通りにやってきて、道路上に設けられたカフェに落ち着いて、地図などに目をやるのが、私は好きだ。

無理に、辺境の地に行かなくても、ここにさえ居れば、いつでもチケットは手に入るし、世界中から集まった旅行者から様々な情報が入る。

ここは、「旅行の原点」とも言える場所なのだ。
そういう意味では、ここが本当の「出発点」とも言える場所なのかもしれない。
スポンサーサイト