FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
ワットトライミットの近くから乗ったトゥクトゥクは、あの原付バイク特有の軽いエンジン音を響かせて、「チャルンクルン通り」を西へ走った。

見かけは、バイクとも自動車とも言えない実に滑稽な乗り物だ。

わかりやすく言うと、原付バイクの後ろに客が3~4人乗れるように屋根付きの荷車らしきものを取り付けてあるのだ。

走行中は、熱帯地方の湿った風が顔に吹き付け、妙な心地よさだが、スコールが来た時には悲惨なことになる。

エメラルド寺院
スポンサーサイト