FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
列車は、途中、空港のある「ドンムアン駅」に一度停車して、終点の「ファラポーン中央駅」に滑り込んだ。

ここまでは、約1時間の旅だったが、バンパイン駅で、案の定遅れてきた列車にちょうど乗ることができたので、たいした疲労感もない。

列車を降り、他の乗客とともに改札口を抜けると、タイの首都の中央駅らしく、混沌とした光景が広がっていた。
スポンサーサイト