FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)

プラ-ティナン-ウェーハート-チャムルーン


ここは、雨期の住居として使用されたものだ。

中に入ると、中国風の床のタイルに、美しい鳥や木や動物が描かれていた。

そして、竜模様のついたて、中国風の玉座、日本の伊万里焼や明治時代の壺、王様の寝台などが展示されていた。

「伊万里焼?」と思ったが、その時、かつて歴史で学んだ「山田長政の日本人町」のことを思い出したのだった。
スポンサーサイト