FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
バンパイン離宮は、ブラサートトーン王によって、チャオプラヤー川の中洲に、1876年に築いたとされている。

100バーツの入場料を支払って、入ってみると、外界からは全く想像出来ないような
、緑の多い、よく手入れのされた宮殿だった。

たぶん、日本で言えば「京都御所」といったところなのだろうか..............。

昼に近づき、気温がどんどん上昇するにもかかわらず、私は広い庭園の中に点在する建物を、精力的にまわった。



スポンサーサイト