FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
ベトナムを一瞬で通過したTG621便は、高度を徐々に下げながらカンボジア中部シェムリアプ付近を通過している。
この辺りも、意外に乾燥地帯で木々が点々とサバンナのように生えている。
ちょうどアフリカの草原地帯のようだ。
もうちょっと高度が低ければ、アンコールワットの遺跡群が見えるかもしれない。
以前、タイからバンコクエアウェイズのプロペラ機でシェムリアプ付近を飛んだ時の感激は忘れられないものだった。
日本からこんなに近い所で、まるでアフリカの空を飛んでいるような気分にさせてくれるなんて!
スポンサーサイト