FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
「チャオプロム市場の中には、何でもあるよ! 見るだけでも楽しいから..............
それと、言い忘れたけど、バンパイン離宮はもう行ったかい?」

「バンパイン離宮? それ何?」

「ああ、それはね、ここから20キロほど行った所にね、アユタヤの王様の離れがあったのさ。 まあ、綺麗な所だから、一回行ってみたら!」

「自転車で行けるの?」

「そりゃあ、行けないことはないけど、ちょっときついなあ。
市場の横から、バンパイン駅行きのソンテウが出ているから、それが便利だよ!」

「ソンテウ?」

「乗り合いトラックだよ!」
そう言って、マスターは、屋根付きの荷台に、ギッシリと人を載せたトラックの方を指さして笑っていた。




スポンサーサイト