FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
「ワットヤイチャイモンコン」をあとにして、再びアユタヤの中洲地帯に戻ることにした。

時計を見ると、すでに午後2時を少しまわっていた。

遺跡に夢中になって忘れていたのだが、朝8時にホテルを出てからというもの、持っていた水以外、何も口にしていないことに気がついた。

「何か食べないと..............」

反射的にアタマに浮かんだのは、何故だかカーネルサンダースの人形だった。

たまたま昨日、アユタヤ駅から渡し船に乗って中洲側に到着し、ホテルまでの間の道中に「KFC」があったのを思い出したのだ。

日本にいてもそうだが、たま~に、ケンタッキーが食べたくなる、あの症候群にこの時もかかったのだろう。




スポンサーサイト