FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
アユタヤの遺跡はどこも緑がいっぱいで、かつて大昔にあった凄惨な出来事など知らなくても、世界中から集まったツーリストたちがピクニック気分で楽しんでいる。

日本にいると気づかないが、木陰が本当にありがたく感じるのだ。

何故そう感じるのかよくわからないが、外の気温は35℃くらいあるのに、木陰に入るととても快適だ。

草の上にしゃがんで上を見上げると、カラフルな色をした熱帯特有の鳥たちが乱舞していて、ヒーリング効果たっぷりの鳴き声を演出していた。

あまりの気持ち良さに、一時間ほど経った頃、ガーデナーらしき老人が通りかかり、私に声をかけていった。

「草むらには気をつけて。 コブラがいるよ!」............................





スポンサーサイト