FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
アユタヤの遺跡は、一般的に言って、よく整備されていてとても快適に見学できる。

芝生の手入れや、木々の剪定も程よくなされているから、バンコク市内からツアーバスでやってくる観光客にとっては、申し分のない快適さが約束されているのだ。

しかし、私など、この「アユタヤ遺跡」を訪れる前に、ミャンマーの「バガン遺跡」のように、まだあまり開発の手が入っていない遺跡を見てしまった者にとっては、実に「快適さ」=「人工的」と映ってしまう。

しかし、正直なところ、「快適さ」に欠乏していたその時の私は、その「快適さ」の方を、素直に喜んでしまったのだけれど............................
スポンサーサイト