FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
「アユタヤ王宮跡」に着いてみると、そこは確かに「跡」だった。

石積みの基部しか残っていない王宮跡だ。
一切、建物らしき物は無く、一見すると広々とした「植物園」といった感じだったが、入場料の30バーツはしっかりと徴収された。

わずかばかり残された石積みの前に建てられた説明用の看板を読んでみると、1350年にこの王宮は建てられたのだが、1767年のビルマ軍の侵攻時に徹底的に破壊され、現在では何も残っていないのだという。

しかし,遠い過去に、そのような凄惨な出来事があったとは到底想像できないような静かで穏やかな景色が、目の前には広がっている。
スポンサーサイト