FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
ナレースエン通りを左折して、しばらく歩くと、右手に小さなビジネスホテル風の建物が見えてきた。

街の景色は、ミャンマーと比べてさほど変わらないように見えるのだが、タイの方がどこかしら活気があるのと、通りを行き交う自動車が新しい。
そして、コンビニなどの欧米の店舗がちらほらと目立つ。

「とにかく暑い!」
いつもなら何軒か回って、比較してから宿を決めるのだが、この時は、この暑さとヤンゴンからの長旅の疲れのせいで、頭の思考回路まで支配されてしまい、玄関をくぐる前から、「ここに決めるんだ」と、心の中で決め付けていたのだ。

アユタヤ遺跡
スポンサーサイト