FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
マニラ空港で苦い「洗礼」を受けた私は、しばしの空港散策を終えて、再びきれいになった機内へと戻った。
14時40分、定刻通り機体はバンコクに向け、飛び立った。
マニラまでとなりに座っていた日本人のおじさんは、今度はアジア系のおばさんに変わっている。
機内を見回すと、先ほどまでたくさん乗っていた日本人は、めっきり少なくなり、代わりに、タイ人なのかフィリピン人なのか、いずれにしても東南アジア系の人々で埋め尽くされている。
ここまで来ると、機内まで、外国気分が充満してくる。
どこか空気が違う!
満席なのに、なぜか開放感が!
もう普段の仕事のことなど、すっかり思い出さなくなる。
ああ~!開放されていく~!
ストレスが抜けていく~!!
窓に目をやると、離陸してまだ5分しか経っていないのに、もう海上に出ている。
南シナ海だ!

このまま海上を西に飛び、ベトナム、カンボジアの上空を経て、タイまで約3時間。
にわかにワクワクしてくる。
さっき受けた「洗礼」の、イヤな感じなどもうどこかに行ってしまった。
そして、ほどなくして、2回目の機内食が配られはじめた。
スポンサーサイト