FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
翌日の「TG304便」は9:50発バンコク着11:45着だった。
時刻上は2時間程かかるように思うのだが、実際は1時間半くらいだ。

計算すると、ちょっとおかしいように見えるのは、時差がタイとは「30分」有るからだ。

「30分..............」なのだ。
従って、日本とは「2時間30分の時差」という事になる。

心の中で思った。
「また、30分とは中途半端な..............」
「何の意味があるんだろう。」
「これだけ距離が近いから、別に時差なんてつける必要無いのに」
「どうせ付けるのなら、切りよく1時間にしてよ!」

そんなことを思いながら、周りの風景を見ていると、徐々に街らしくなり、ヤンゴンが近いことが予感できる。

ミャンマーの寺院は、どこも裸足
スポンサーサイト