FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
白人たちが集まるカフェで、
私も食後のコーヒーと行きたいところだったが、その時は暑さのせいで大量の水分を汗で放出してしまっていた。
太陽こそ出ていなかったものの、雨季特有のジメジメした空気に負けて、私は「ミリンダ」というオレンジジュースを一本注文してがぶ飲みした。

ちょっとした木製のテーブルに丸イスが無造作に並べられただけの、一見粗末なカフェだったが、ところどころに熱帯の花が飾られていて、しかもヨーロピアンたちが賑やかにしていると、不思議なもので、あか抜けしたお洒落なカフェに見えてくる。

カフェの傍らには、自転車が10台ほどきちんと並べられており、
「FOR RENT」と書かれてあった。
一時間1000チャットのようだが、ちょっと高い気がする。

レンタサイクルの受け付けは、ヤンゴンまでの乗り合いタクシーのチケットも扱っていた。
「FOR YANGON , 6USD」
スポンサーサイト