FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
パゴー川の畔から、私は再び今来た道を国道沿いまで戻ってきた。

腹が減ったので何か食べようと思うのだが、たくさんある食堂を一つ一つ見てまわっても、如何せんミャンマー人が食べている料理を見て、どうも食欲が湧いてこない。
はっきり言って、何を食べているのよくわからないのだ。
魚なのか肉なのか..............?

大通りを行ったり来たりして、ぴったりの店を探そうと頑張ってみても、どうもピンと来ない。
しかも、どんどん腹は減る。

私の悪い習慣なのだけれど、結局いつも、最期は好物の「中華料理」に落ち着けてしまう癖がある。
中華料理が無難なのだ。
やはり、ここでも「パンダレストラン」という、いかにも中華料理屋らしい名前の店に入ってしまった。
スポンサーサイト