FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
パガンの街とも、これでお別れだ。
馬車の後部の席からの眺めから、ニャンウーの街がどんどん小さくなってゆく。
サボテンやら松やらに見え隠れしていた町陰が、とうとう完全に見えなくなった頃、気持ちの方は次の街のことを考え始める。
本来、西の方角を目指している私にとって、このパガンという位置は、西隣のバングラデシュに抜けるには、絶好の位置にある。
バングラデシュの東の都市「チッタゴン」まで、直線距離で200キロそこそこしかない。
もし陸路で、バスが使えたら4~5時間で行ける距離である。
だが、今のところ、西隣のバングラデシュやインドとの国境は全く開いていないようだ。
もう少しミャンマーを回って、バングラデシュを目指そう。


スポンサーサイト