FC2ブログ
「深夜特急」の世界に憧れて (回想録 XX年)
ニャンウー村を出た車は、昨日通って来た空港からの道を逆に走っていた。
車内では、お互い今までどんな国に行ったとか、日本ではどこに住んでいるとか、そんなようなことを話し続けた。
「今までで、どこが一番良かった?」
青年に質問してみた。
「ん~、良かったかどうかはわかりませんが、すぐに頭に浮かぶのは、南アフリカです」
「どうして?」
「ヨハネスブルグで~~」
と、そこで言葉に詰まった。
「やっぱり! やられた?」
私は反射的に言葉を返していた。
私達、バックパッカーの中では、
「南アフリカと言えばヨハネスブルグ」
「ヨハネスブルグと言えば世界一の治安の悪さ」
この街では、日本人に限らず観光客と見るや否や、バスの中まで襲ってくるという。
スポンサーサイト